雪まつりの日。

2016.2.10 【あばのコト】 投稿者:kageyama_chan


みなさんこんにちは。

 

先日雪まつり中止という悲しいお知らせをいたしました。

 

しかし、雪まつりが行われるはずだった日、

岡山市から NPO法人タブララサさんをお招きし、交流会を行いました!

 

まずは、スノートレッキング。

それほど雪がないかと思いきや、山に登ると世界は一変。

 

スノートレッキング1

 

一面の雪景色に、只々圧倒されるばかりでした。

 

IMG_2254

 

スノートレッキング2

 

風も強く、吹雪が舞う中のトレッキング。

貴重な体験をすることができました。

 

スノートレッキング3

 

ピークを過ぎると、太陽の光が差し込んで少し暖かかったです。

雪がきらきら反射してとっても綺麗でした。

 

夜には、キャンドルコーディネートの勉強も兼ねて、交流会。

 

交流会1

 

まずは、吊り下げ型のキャンドル。

板一枚で出来るため、あばでも活用できそうです。

 

交流会6

 

手に持つことのできるキャンドルも。

光を楽しむだけではなく、手を温めるという嬉しい効果が。

 

 

交流会3交流会2

 

置き方一つ一つにタブララサさんのこだわりが垣間見え、

雪まつり主催団体、あばファンクラブのみなさんも興味津々。

 

 

交流会4交流会5

 

あばファンクラブ会長の小椋さん、タブララサを代表して利根さんよりご挨拶。

 

あばファンクラブからは、お汁粉やお漬物などが振る舞われ、

「美味しい!」とタブララサのみなさんも大満足。

 

交流会7

 

今回は雪まつりが中止となり、残念な結果でしたが、

今回の経験を生かし、次回はさらに進化した雪まつりをお届けできればと思います。

 

1年後、またお知らせをすると思いますので、今から楽しみにしててくださいね。

 

改めまして、NPO法人タブララサさん、ありがとうございました!

この記事の投稿者

kageyama_chan
kageyama_chan
生まれも育ちも岡山県総社市。
岡山市内の大学に通う22歳(2015年)。
インターンシップという形で
阿波の情報発信を担当することになりました。

週に1回(主に火曜日)大学卒業の2016年3月まで、
という短い期間ではありますが、県南に住む者として、
また学生として新しい目線で
阿波を切り取っていけたら・・・と思っています。