米粉うどんづくりの会が開かれました。

2015.11.26 【あばのコト】 投稿者:kageyama_chan


阿波でつくられた米粉。

 

その米粉を用いてうどんをつくってみよう!という会が行われました。

 

 

主催は、地域おこし協力隊の谷口さん。

公民館の調理室にて行われ、5人の参加者、そして名人2人のお姿もありました。

 

 

 

12308741_545607088936799_3350396552881672929_n

 

 

こちらが生地。

米粉と少しの片栗粉が混ぜられているもの。

こちらをこねて寝かせます。

 

 

12311307_545607118936796_5071861064813847308_n

 

 

寝かせたものを4等分して丸め直し、蒸します。

それを伸ばす。ひっつきやすいのでオーブンシートにはさんで。

試作を重ねたからこそ、谷口さんや名人の知恵が光ります。

 

 

12313651_545607142270127_849830139359110604_n

 

 

いよいよ切る作業。

名人は手早く行うのですがこれが意外と難しい。

人によって太さが違うけど、それはそれでおもしろいなと思いました。

ちなみに私は2回目ということもあり少しだけ上達した・・・はずです。

 

 

12313631_545607172270124_6586026062746413296_n

 

できた麺をゆでます。

待ちきれないですが、米粉の麺はちぎれやすいのでじっと我慢。

 

 

12301575_545607188936789_6862999935891606225_n

 

/ 完成! \

 

具だくさんでボリューム満点。

どんぶり自体はそれほど大きくはないのですが、一杯でおなかいっぱいに。

 

 

12289527_545607212270120_1397709694940286652_n

 

さてさて肝心のお味は・・・

 

普通のうどんよりもちもちしていますが、少し歯にくっつきやすい。

たとえるなら、ういろうの食感?

 

ということで、まだまだ改良の余地はありそうですが美味しくいただきました。

 

うどんのあとは、名人による蕎麦や出張所の方お手製のお味噌汁、

ゆずや中華麺が振る舞われ「もう食べられない!」と幸せな時間を過ごすことができました。

 

「これを祭りで出せたら」と意気込む名人の発言も飛び出し、

今後の米粉うどんに期待もできそうですね。

 

 

12301673_545607065603468_47228425714586197_n

 

参加者のみなさま、そして主催の谷口さん、

本当にお疲れ様でした!

この記事の投稿者

kageyama_chan
kageyama_chan
生まれも育ちも岡山県総社市。
岡山市内の大学に通う22歳(2015年)。
インターンシップという形で
阿波の情報発信を担当することになりました。

週に1回(主に火曜日)大学卒業の2016年3月まで、
という短い期間ではありますが、県南に住む者として、
また学生として新しい目線で
阿波を切り取っていけたら・・・と思っています。