「知事と一緒に生き活きトーク」が行なわれました

2016.1.26 【あばのコト, あばのヒト】 投稿者:kageyama_chan


1月12日、この日はなんだか そわそわしているような気がしました。

 

この日の午後、岡山県知事をお招きし、

「知事と一緒に生き活きトーク」が行なわれました。

 

12474051_562765187220989_5777830741575958398_o

 

「知事と一緒に生き活きトーク」とは、

すべての県民が将来に希望を持ち、明るく笑顔で暮らしていけるような「生き活き岡山」の実現をめざし、

県政の重点分野ついて、知事が直接県民から意見や提言を聴いて今後の県政に反映するために開催されています。

 

 

今年度最終回となる第8回目のトークテーマは「地域おこし協力隊ただいま活動中」。

岡山県内から備前市・真庭市・美作市・和気町・久米南町・津山市の現役隊員各1名ずつと美作市のOB隊員1名、

会場となったあばを代表して小椋懋(つとむ)さんの8名が知事を囲んで、それぞれの地域での取り組みや活動について意見交換を行いました。

 

 

トークの前にあば内を視察された知事。

 

 

12570847_1544947192486990_871893514_n

 

 

12527966_1544947109153665_584070022_n

 

 

あば村宣言をはじめ、小さな拠点づくりや木の駅プロジェクト、ガソリンスタンドの再生などあばでの取り組みに関して積極的に質問されていました。

また、各取り組みの関係者のみなさんにも温かい励ましの声をかけておられました。

 

 

トークでは、各隊員の様々な活動の紹介がなされました。

 

12544685_1544946935820349_1108998161_o

 

 

各隊員の発言に対してこまめにメモをとりながら、まっすぐな熱い視線とエールを送られていた知事のお姿が印象的でした。

 

「県内全域の様々な市町村で90名以上の隊員が活動しているそうですが、岡山県北の中でも最北端に位置するあばを会場に選んでいただき大変光栄でした。

みなさんと共有させていただいた貴重な機会を通して感じたことを、今後の隊員活動に活かしていきますね。」とあば村地域おこし協力隊の谷口さん。

お疲れ様でした!

 

12546000_1544947312486978_393311749_o

 

12576175_1544947265820316_2096184328_n

 

写真・文章提供:津山市阿波地区地域おこし協力隊 谷口江利香さん

この記事の投稿者

kageyama_chan
kageyama_chan
生まれも育ちも岡山県総社市。
岡山市内の大学に通う22歳(2015年)。
インターンシップという形で
阿波の情報発信を担当することになりました。

週に1回(主に火曜日)大学卒業の2016年3月まで、
という短い期間ではありますが、県南に住む者として、
また学生として新しい目線で
阿波を切り取っていけたら・・・と思っています。