冬の恵み。

2018.1.9 【あばのコト, あばのモノ, あば通信, 地域おこし協力隊】 投稿者:谷口江利香


2018年、年明けから9日が過ぎました。

あばは今日も雪が降っています。

今週は連日雪の予報になっているので、雪まみれになる前にと

よく晴れた先週の土曜日に白菜の収穫にでかけました。

 

h4

1月7日時点。この日もまあまあ雪が積もっていました。

 

h3

白菜の外葉が雪と寒さでいたんでしまっています。

 

h1

いたんだ外葉をめくると、みずみずしい葉っぱが。

生でかじると甘味と旨みがギュっと凝縮されていました。美味しい!!

 

h2

寒さをさけるように青虫も葉っぱのかげに隠れていました。

でも家に連れて帰るわけにはいかないので青虫たちは畑に・・・。ごめんね(>_<)。

 

今回収穫させていただいたのはキムチ作りに向けて9月に植えていたものではなく、

あばの方がご自宅用に育てられていたものを分けていただきました。

今年は天候不良でどことも白菜が巻かず、わたしの白菜も全然だめだったのですが

漬物作るんじゃったら使わんか?と声をかけてくださったのでした。

オレンジ白菜という種類だそうですが、どれも立派に巻いて雪の中でも無事で良かったです!

 

h5

いただいた白菜は早速浅漬けにして味見しました。

甘くてみずみずしくて美味しかったですよ~。

たくさん分けていただいたので、お世話になっているみなさまにもおすそ分けして

残りをキムチ作りに使う予定です。今月キムチ教室も開催しますね。

 

雪がかなり積もるあばの冬の寒さは相当厳しいですが、

だからこそ甘味が増す冬野菜の美味しさは格別です。

キムチや漬物、鍋や煮物などなど、あばの冬ならではのめぐみを堪能しますよ~!

 

任期3年間の地域おこし協力隊としての活動は今年3月末までとなりますが、

任期終了後も引き続きあばで暮らしていく予定です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

この記事の投稿者

谷口江利香
谷口江利香
高知県出身。徳島大学医学部栄養学科卒業後、管理栄養士に。食育活動を通して健康な生き方を提案していく中で、その人が暮らす環境が心身に大きく影響することを強く意識するようになり、地域活動にも関わる。

平成27年4月から地域おこし協力隊として活動を開始。あばの気候風土と食・人・暮らしの豊かさを“価値化”しながら、あばで暮らすみなさんの心と体の健康サポートを目指す。