台風の爪痕

2017.10.25 【あばのコト, あば通信】 投稿者:谷口江利香


超大型だった台風21号。

選挙と重なったため、マスコミはあまりとりあげていないように感じますが

日本各地で様々な被害が出たことと思います。

被害に遭われたみなさまに心からお見舞い申し上げます。

 

あばでも自然農園さんのキウイの棚がひっくり返り、ハウスが半壊、トマトもほぼ全滅、

りんご農園さんもかなりの数のりんごが暴風で落下、

自宅の車庫の扉がへし折られた、窓ガラスが割れて部屋が水浸しになった、など

あちこちで被害が出ていました。

 

r1

冨倉さんのりんご園内。思ったより樹上にりんごが残っていましたが、

それでも500個くらいのりんごが落ちていました。

 

r2

昨日は落下してしまったりんごを拾うお手伝いに行きました。

一輪車にかごをつみ、りんごを拾っては選別所に運ぶという作業を繰り返しました。

 

r3

きれいに洗ってかわかしたりんごは、お菓子屋さんやレストランに引き取られることに。

その場で丸かじりしましたがとってもジューシーで甘酸っぱくて美味しかったです!

わたしが分けていただいた分は、甘酒に漬けて発酵させてから煮詰めてジャムにしようと思います。

 

超大型台風が通過して安堵したのもつかのま、今週末また台風22号が日本に接近しそうという予報。

わたし自身、実家のある高知で床上浸水の被害直後に床下浸水に見舞われた時は

度重なる水害に心身ともに疲労困憊したことでしたが、被害が重なるのは本当につらいです・・・。

出来る限りの備えをした上で、台風の進路がそれてくれることを願うばかり。

どうかこれ以上全国の台風の被害が拡大しませんように・・・。

この記事の投稿者

谷口江利香
谷口江利香
高知県出身。徳島大学医学部栄養学科卒業後、管理栄養士に。食育活動を通して健康な生き方を提案していく中で、その人が暮らす環境が心身に大きく影響することを強く意識するようになり、地域活動にも関わる。

平成27年4月から地域おこし協力隊として活動を開始。あばの気候風土と食・人・暮らしの豊かさを“価値化”しながら、あばで暮らすみなさんの心と体の健康サポートを目指す。