キムチづくりに向けて

2017.9.7 【あば通信, 地域おこし協力隊】 投稿者:谷口江利香


k7

昨年12月今年の2月にあばで開催したキムチ作り教室、とっても大好評でした!

今年は自分で育てた野菜でキムチ教室を企画したいと思い、

あばの野菜名人さんたちの畑の一角をお借りして大根と白菜の栽培にチャレンジすることに。

 

 

3-1

大根は草よけのためのマルチを張った畑に。1列分だけお借りしました。

 

 

3-5

種屋さんで買って来た種を直接畑にまきます。

 

 

3-6

一つの穴に3粒ずつ植えて。今後一番よく育ったもの以外を間引きます。

 

 

3-2

白菜は名人が既に種をまいて苗に育てていたものを畑に植え替える作業をお手伝い。

それ以外にも自分で種をまきました。

 

 

3-7

畑に植え替えたばかりの苗。

まだ幼い葉っぱが雨で跳ねた周囲の土でいたんでしまわないようにと

もみがらをクッションがわりにしきました。

 

協力隊活動1年目で大豆と夏野菜の栽培に取り組んで以来のチャレンジ。

この白菜と大根が順調に育ってくれたら収穫体験つきのキムチづくり&あばの食卓を

楽しむ教室を企画したいと思っています。

今年はなんだか気候が不安定ですが、どうか無事に育って収穫できますように!

この記事の投稿者

谷口江利香
谷口江利香
高知県出身。徳島大学医学部栄養学科卒業後、管理栄養士に。食育活動を通して健康な生き方を提案していく中で、その人が暮らす環境が心身に大きく影響することを強く意識するようになり、地域活動にも関わる。

平成27年4月から地域おこし協力隊として活動を開始。あばの気候風土と食・人・暮らしの豊かさを“価値化”しながら、あばで暮らすみなさんの心と体の健康サポートを目指す。