春の訪れ

2017.4.3 【あばのコト, あば通信】 投稿者:谷口江利香


4月になり、あばもだんだん春めいてきました。

 

 

22 12

一番ピークの時には左の写真の状態だった阿波公民館前もあとわずかな雪が残るのみに。

 

s18 11

数十センチ積もっていた雪が解けて、田んぼのあぜにはつくしの姿が。

 

 

26 10

あまりの大雪に除雪が間に合わず臨時休業になったあば交流館の周囲にはオキナグサが咲き始めました。

 

 

6 9

群生しているツクシやふきのとうの姿も。

 

 

7 8

ガソリンスタンドのそばにある桜はつぼみがふくらんできています。

 

 

5 4

あばの春の風物詩・尾所(おそ)の桜もつぼみの状態でまだ一綸も開花していません。

ちなみに今年の桜まつりは今月15日(土)に開催されます。

その頃にはどのくらい咲いてくれているかな?

 

 

1 743

尾所の桜から見える遠くの山々には残雪が。桜の正面の山際にもまだ雪が残っています。

冬の名残りを惜しみながら春の訪れを感じられる今のあばもとっても素敵ですよ♪

市街地よりも一足遅い春の景色を眺めにぜひあばにいらしてくださいませ。

この記事の投稿者

谷口江利香
谷口江利香
高知県出身。徳島大学医学部栄養学科卒業後、管理栄養士に。食育活動を通して健康な生き方を提案していく中で、その人が暮らす環境が心身に大きく影響することを強く意識するようになり、地域活動にも関わる。

平成27年4月から地域おこし協力隊として活動を開始。あばの気候風土と食・人・暮らしの豊かさを“価値化”しながら、あばで暮らすみなさんの心と体の健康サポートを目指す。