今日のあばの雪模様。

2017.1.23 【あばのコト, あば通信】 投稿者:谷口江利香


先日の最強寒波以来、あばは雪の中です。

今日は津山市に大雪警報が出され、

あばでも朝からずっと雪が降り積もっています。

 

s1 s2

除雪された雪がどんどん高さを増していきます。どこもかしこも雪、雪、雪・・・。

 

 

s3 s4

出張所前にある鳥居もそばの木も雪に覆われています。公民館前では館長が除雪作業。

 

 

s5 s6

小さな除雪機ですが、パワフルに雪をかいて行きます。

 

 

s7 s8

大きな除雪機は道路の雪かき。冬の暮らしを支えてくれています。

 

 

s9 s10

車の高さを比べてみると、雪の多さがわかりやすいと思います。

 

 

s11 s12

屋根に積もった雪も、溶けかけて凍ったつららも、落ちてくると危険です。よけられた雪、いつ溶ける??

 

 

s13 s14

田んぼも一面真っ白。これ以上積もったら、雪をどこによけるんだろう??

 

 

s15 s16

あばの福祉センターと、そこから囲炉裏料理のあなみさんを眺めたところ。

 

 

s17 s18

公民館の一角と、その横にあるアヒル米を栽培していた田んぼ。

 

 

s19 s20

公民館から出張所へ向かう道。あばの中心で純粋な積雪が50cmくらいです。奥の地域はもっとすごそう。

 

 

s21 s22

かいてもかいても終わらない雪かき。まだまだ雪はものすごい勢いで降り続いています。

このまま丸一日雪が続くと、明日はどんなことになるのでしょうか・・・?

南国育ちのわたしは、身の危険を感じるレベルの大雪にたじろいています(>_<)。

 

温泉等のご利用であばにお越しになる方は、歩行と運転には十分お気をつけください。

建物付近を歩く時には屋根からの雪やつららの落下にご注意を!

除雪されていても橋の上など凍結の恐れがありますので細心の注意をお願いいたします。

この記事の投稿者

谷口江利香
谷口江利香
高知県出身。徳島大学医学部栄養学科卒業後、管理栄養士に。食育活動を通して健康な生き方を提案していく中で、その人が暮らす環境が心身に大きく影響することを強く意識するようになり、地域活動にも関わる。

平成27年4月から地域おこし協力隊として活動を開始。あばの気候風土と食・人・暮らしの豊かさを“価値化”しながら、あばで暮らすみなさんの心と体の健康サポートを目指す。