あばふうどツーリズム企画会議その①の開催

2016.5.30 【あばのコト, あば通信】 投稿者:谷口江利香


去る5月26日(木)、あば・暮らしの小楽校第一回目の授業として

”あばふうどツーリズム企画会議その①”を開催いたしました。

あばの気候風土によって育まれる食(FOOD)の豊かさを、

地域内外の方々がともに楽しめる体験メニューやツアーを

一緒に企画・運営してくださる仲間を募り、まずはアイデア出しからスタート。

 

ks1

 

他地域の事例やあばでのこれまでの取り組みも踏まえて

みんなでこれからあばで実現してみたいことを出し合いました。

農家民泊や発酵民泊、スノーシュートレッキングにリバートレッキング、

ツリーハウスでハンモック、あばで居酒屋や私設図書館、高校!

ブルーベリー狩りにりんごの収穫、餅つき、味噌作りその他いろいろ☆

ワクワクする意見がたくさん!!

 

6月4日(土)には一般社団法人のあっく自然学校の高井啓太郎代表を先生に、

あばで実際に実施されている自然学校についてお話を伺います。

17時半~18時半まで、阿波公民館にて開催です。

のあっくさんとのコラボであばを楽しむ体験メニューをこどもたちに

提供できたらと思います。

 

あばふうどツーリズム企画会議をはじめ、あば・暮らしの小楽校の

授業は年齢もお住まいも関係なくどなたでもご参加いただけます。

興味・関心のある方はお気軽にご参加くださいませ。

 

この記事の投稿者

谷口江利香
谷口江利香
高知県出身。徳島大学医学部栄養学科卒業後、管理栄養士に。食育活動を通して健康な生き方を提案していく中で、その人が暮らす環境が心身に大きく影響することを強く意識するようになり、地域活動にも関わる。

平成27年4月から地域おこし協力隊として活動を開始。あばの気候風土と食・人・暮らしの豊かさを“価値化”しながら、あばで暮らすみなさんの心と体の健康サポートを目指す。